助川化学株式会社電話: 078-992-1688
FAX: 078-992-1677

英語 英語
会社案内 学会/業界紙等広告 取得特許 製品情報 取引ご希望 食品添加物製造 獣医療センター
特許説明 バイオスケガワ研究会 環境除菌 説明会 研究業績案内 社長のページ 年の初めに
福祉活動 連絡先

助川化学株式会社 中央研究所

私達は 畜水産動物の 増養殖環境改善剤・食品殺菌・ひと環境の除菌・消臭剤製造&総合コンサルタントです。
動物用医薬品製造販売、食品添加物殺菌料製造販売、獣医療センターを経営しています。

 

!!最新情報!!

(2016年12月1日発信) 帯広畜水産研究所 開設のご案内

 

~TOPICS~

(2016年10月6日発信)

 弊社製品:食品添加物殺菌料:亜塩素酸ナトリウム液「ススムちゃん」が
 全ての食肉、食肉製品の殺菌料として拡大使用認可されました。
                (官報 号外第221号:平成28年10月6日)

【官報指示:対象と使用法】これまで使用認可されている対象食品は生食用野菜、卵類(卵殻)、かずのこの加工品、かんきつ類果皮、さくらんぼ、ふき、ぶどう、ももです。使用濃度は亜塩素酸ナトリウムとして0.50g/kg(500ppm)でしたが、今回追加認可された食肉・食肉製品の殺菌の使用濃度は0.50~1.20g/kg(500~1200ppm)、使用pHは2.3~2.9、使用方法は浸漬または噴霧は30秒以内です。

【弊社製品のご使用法】食肉・食肉製品へは食品添加物「ススムちゃん」+食品添加物・新賦活剤「MFⅡ」を用時調整(混合してpH調整)し、その混合液に30秒以内で浸漬、または噴霧してご使用下さい。専用分析キットをご使用いただき、製品に薬液残がない等をご確認ください。次亜塩素酸ナトリウムやアルコールに比べ格段の殺菌効果や衛生状態の保持が得られます。
(注:食品中で目的とする効果を得る上で必要とされる量を超えないものとすること:生食発1006第1号)

【ご注意とご提案】いま病原性大腸菌類(例えばO-157)や、ノロウイルスは強毒性のため、それぞれの菌が食材に10個残っていても発症する(患者がでる)と言われます。
 理想的には殺菌作業時、有害菌の遺伝子まで破壊することが望まれます。(例:社内試験成績)。その為、これからは高度な殺菌法を必要とする時代になりました。

鶏の皮肉の脱毛跡の穴の中の菌、きゅうりの穴やミニトマトのヘタに残った菌、水洗いだけでは洗い流せないキャベツやレタス、ねぎやサラダ類の非加熱食品の菌、これらの菌を水洗、あるいは次亜塩素酸ナトリウム洗浄殺菌で10個以下に落とすことは至難の業です。
 食材に撥水作用があり薬剤の界面接触が難しいためでもあります。

そこで弊社が特許を取得している「ススムちゃん+MFⅡ+超音波照射洗浄・殺菌法」をお勧めいたします。事前に弊社と「特許、並びに技術ノウハウ実施許諾契約」が必要です。
 また、御社の食品・製品の微生物学的現状評価、弊社製品や洗浄法をお試し頂いたあとの評価など、ご協力申し上げます(一部有料)。

【情報サービス】
現在市販されている食品の市場調査試験、弊社の殺菌剤の試験データ等を差し上げます。ご希望の方に、当該官報と当日発表された厚労省・食品安全部長通達(生食発1006号第1号)コピー等をお送りいたします。
厳しい本物のサービスが必要な時代になりました。
当返信はがきでお問合せ頂けましたら順次ご対応申し上げたく存じます。

助川化学株式会社 代表取締役社長 助川 征


【神戸営業所・中央研究所】 
 〒651-2241 兵庫県神戸市西区室谷2丁目7番10号(神戸ハイテクパーク内)
            【TEL】(078)992-1688 (代) 【FAX】 (078)992-1677
【北日本営業所】
 〒064-0809 北海道札幌市中央区南9条西7丁目1番1号 ドミ山鼻九条613
           【TEL&FAX】(011)512-2433

E-mail  bio@sukegawa.co.jp  http://www.sukegawa.co.jp/

私達は畜水産動物の増養殖環境改善剤・食品殺菌・ひと環境の除菌・消臭剤製造&総合コンサルタントです。動物用医薬品製造販売、食品添加物殺菌料製造販売、獣医療センターを経営しています。

 

(鶏鳴新聞)
「水道水以外の水を給与している場合は飲水消毒していますか?」

 北日本営業所開設

 超消臭剤活性化二酸化塩素液 「BIOSUKEGWA®TIGER」



I.  業務案内

・動物用医薬品製造販売業(第一種、第二種)

・食品添加物製造(殺菌料・漂白剤)
・動物用医薬部外品製造販売
・食品と各種産業の微生物対策研究、検査、指導
・助川化学株式会社 中央研究所獣医療センター
・獣医生物学の臨床検査
・産業動物の診療
・保健衛生指導(牛、馬、豚、鶏、水産動物)
・バイオスケガワ研究会
・環境衛生評価と対策
・環境臭気判定事業

・工業用(専門家用)環境衛生改善剤(除菌・消臭・防カビ剤)製造販売





Ⅱ. 製造案内

「助川化学の二酸化塩素®」
・安定化二酸化塩素液製造   「BIOTALK®」
・活性化二酸化塩素液製造   「バイオスケガワ®」
・超活性化二酸化塩素液製造   「ビオスタッフ®」システム
・酸性化亜塩素酸ナトリウム液 「スケビオトーク®」(製造開始 / 2006年10月)
・超消臭剤 「バイオスケガワタイガー」
・二酸化塩素活性持続剤
賦活剤 「ME」、「MH-1」、「MK」、「SX」・・・用途に合わせて使用設計、設定

 

≪食品添加物≫

・食品添加物:亜塩素酸ナトリウム液 「ススムちゃん」
・ススムちゃん専用賦活剤:食品添加物 「MF」



≪周辺技術≫

・超音波発振装置
・二酸化塩素専用連続定量添加装置
・水洗式連続酸化消臭、脱臭装置

 


Ⅲ. 特許情報


※ 取得特許(2015年01月現在)・・・特許番号はお問い合わせください。

「二酸化塩素剤と超音波照射とを使用した除菌方法」
特許取得  2005年02月25日 → 別記、取得特許の解説へ

・「錦鯉新穴あき病症用のワクチン製造の為の 非定形エロモナス・サルモニシダの大量培養方法
特許取得  2006年03月03日

・「二酸化塩素を用いたウェットワイパーの除菌と殺菌法」
特許取得  2006年03月31日

・「魚のスクーチカ症治療方法及び予防方法」
日本国特許取得  2006年11月24日取得
韓国特許取得    2007年10月11日取得
中国特許取得    2010年06月01日取得
香港特許取得    2012年02月17日取得

・「二酸化塩素を主成分とする新規殺菌剤組成による浴用水の除菌・殺菌」
(レジオネラ属菌対策)
特許取得   2007年08月03日

・「二酸化塩素による動物コクシジュウムの殺滅」

・「養殖用水中の水カビ防除方法」

(孵化用水、動物飼育用水、水族館飼育用水等)<日本国特許>

 

・「養殖用水中の水カビ防除方法」

 <PCT特許出願済み>

 <チリ・米国・カナダ・ノルウェー・ロシア・ニュージーランド・

  オーストラリア 申請済み>




◆ 公開特許 ◆

・「二酸化塩素並びに二酸化塩素剤により除菌した 飲料水の家畜への給与」
特許公開  2004年02月19日

・「活性化二酸化塩素による浴用水及び配湯管の除菌・殺菌法」
(レジオネラ属菌対策第1特許)
特許公開  2004年08月12日

・「殺菌剤」
特許公開  2003年03月12日

・「活性化二酸化塩素並びに二酸化塩素剤を主成分とする家畜の乳房炎治療剤」
特許公開  2004年11月11日

・「活性化二酸化塩素による家畜子宮炎の予防と治療」
特許公開  2005年04月14日




Ⅳ. 「助川化学の二酸化塩素®」製品の用途・目的

二酸化塩素は酸化力の強いガス体です。
酸化力が強い為に激しい急速な酸化、すなわち爆発が起こりやすい気体です。
これを安全に運搬、活用できる製品を使用目的別に工夫、製品化しました。

「助川化学の二酸化塩素®」は大きく分けて3群、種類としては約40種類に分類されます。

1、安定化二酸化塩素群
 安定化二酸化塩素・・・製品としては「BIOTALK®」
 活性化二酸化塩素・・・製品としては「バイオスケガワ®」
 超活性化二酸化塩素・・・製品としては「ビオスタッフ®」システム

安定化二酸化塩素「BIOTALK®」の活力を高めるため各種賦活剤が開発されています。 賦活剤活用により活性化二酸化塩素、超活性化二酸化塩素システムが誘導されます。賦活剤は、「ME」、「MH」、「MK」、「SX」などが代表的なものです。
これらの使い方はお客様の使用目的をお伺いして、個別に設計させていただきます。

この群の使用対象
ひとや動物の居住環境衛生、家庭内の生活用具等の衛生です。
ウイルス、バクテリア、カビ、その他の有害微生物の除菌や制御・防カビ・消臭・化学物質の安定化などが使用目的となります。

2. 食品添加物(食品)添加物製造業の営業許可(第09120116号)
①弊社は「助川化学の二酸化塩素」のひとつとして、食品添加物:亜塩素酸ナトリウム液「ススムちゃん」(殺菌料・漂白剤)を上市しております。

用途は、生食用野菜類、卵類(卵殻の部分に限る)、かずのこの加工品(干しかずのこ及び冷凍かずのこを除く)、かんきつ類果皮(菓子製造用いるものに限る)、さくらんぼ、ふき、ぶどう、ももの殺菌、漂白です。
弊社は神戸市より「食品添加物製造営業許可」を受けており、製法や食品衛生管理責任者(弊社は駐在)の管理法製品の有害金属含有チェック等が義務付けられ、販売や製造法確認のために年に一回以上の立ち入り検査も受けている厳しい管理製品を製造販売しております。

食品添加物「ススムちゃん」は対象食品にかぎり食品添加物として利用できますが、工業用の亜塩素酸ナトリウムは食品の殺菌や漂白目的で使うことができません。


※ ご注意
 食品添加物、亜塩素酸ナトリウム液「ススムちゃん」の殺菌性能試験を行ってみますと、次亜塩素酸ナトリウムと同程度の殺菌力があります。(助川化学比較試験)
 更に、ススムちゃんは下記の食品添加物剤併用や洗浄法の工夫で、より高い殺菌効果をもたらします。併せて無臭洗浄による作業者への影響と作業環境の改善そして殺菌効果の長期化が望めるなどの多くのメリットが生まれます。

② 食品添加物:賦活剤「MF」を新たに上市しました。


食品添加物「ススムちゃん」を賦活化し、より殺菌力を高めるために開発し、食品添加物として製造承認を得ました。
「MF」を併用すると一般細菌をこれ以上に減衰させることができます。

更に超音波照射を併用すると一般細菌(芽胞形成菌も含む)を殺滅できます。
(特許番号:3649672号)
生食用野菜洗浄等でどうしても望ましい殺菌データーが得られないときは、食品添加物「ススムちゃん」と食品添加物「MF」を併用、さらに超音波洗浄法を講じられることをお奨めいたします。
ご相談ください。

 

Ⅴ.ご注意

1.取り扱いの注意(別ラベル)は、必ずご精読ください。
PL法に関わる事故防止のための十分な事前説明はラベル上だけでは、スペースが少なく不十分です。ご使用前に、使用目的に合った適正な使用法を弊社までご相談ください。

2.弊社ホームページには、各種使用説明や新しい情報、養殖業や畜産業のための情報、臭気公害対策に携わる方のための消臭実験法、これまでの特許申請や取得済み特許解説などを紹介しています。
ホームページをご覧下さい。

3.
効果的な使用法、二酸化塩素の残留と消滅、継続性、経済性と安全性の確認には濃度測定が必要です。
・二酸化塩素の添加量と添加後の洗浄液中に含まれる二酸化塩素残量は異なります
・また有機物が少しでも混在する洗浄除菌用の液中では酸化剤(特に次亜塩素酸ソーダ)の残留の濃淡と除菌効果は連動しません。ご注意下さい。

4.製品の有効期限や濃度の保証期限を定めません。

5.有償サンプルの、1,000ml品から大量の出荷品に至るまで、全ての製品に対して含有する有効な二酸化塩素濃度の分析表を添付しております。

6.類似の他社製品、例えばスプレー品や固形品、ゼリー製品のなかには異常に低濃度化した二酸化塩素製品を見ることがあります。ご注意下さい。

7.製造メーカーは、それぞれの製品の有効成分量をユーザー様が自ら分析・確認できる方法を明示するべきです。弊社のお客様は、用意されている専用分析キットをご利用ください。

8.使用されている原材料の性能と発売されている発売製品の性能は異なります。
どちらかのデータかをご確認ください。

9.製品にはそれぞれ製品ロットがあります。ロット別製造規格と入手された製品の製品検査データが合致しているか、ご確認下さい。全ての弊社製品は、自社製造のため製品規格、出荷時の製造ロット番号とロット毎の有効成分は濃度等が明示されます。

10.製品の有効期間をご確認下さい。

11.理動的にはメーカーを訪ね、代表者との面談あるいは製造現場の確認をされることをお勧めします。

12.二酸化塩素は有機物存在下でも(電解水・酸性水・次亜塩素酸ソーダと比較すると)添加量に応じた除菌効果を発揮します。二酸化塩素の優れた特性です。

13.「二酸化塩素の定量添加装置、連続酸化消臭・脱臭装置」、「専用超音波発振装置」がございます。

14.ウェットワイパー(紙おしぼり等)、魚類養殖用水、家畜畜産動物用飲水・除菌用途は、使用事前確認書を用意しています。

15.弊社品の再販売は紳士的なお付き合いの為の販売代理店契約を必要とします。

16.本製品は、医薬品や医薬部外品としての申請をまだ行っておりません。
・従いまして、具体的な疾病名や病原体名を明示的、暗示的に標ぼうし、製品の販売を行うことができません。
・また、消毒・殺菌目的で動物や畜舎に直接使用することも出来ません。
・限りなく、健康な動物の体表や環境の除菌目的になります。

17.弊社は、結果的に医薬品として使用されてしまう危険のある医師・獣医師・そして動物病院などへの出荷を制限しております。
・但し、二酸化塩素を研究するために集った医師・獣医師、その他の研究者や流通担当者などで構成する「バイオスケガワ研究会」会員の先生方には、法律遵守などを定めた事前確認書の交換を条件に出荷致します。