助川化学株式会社電話: 078-992-1688
FAX: 078-992-1677

英語 英語
会社案内 学会/業界紙等広告 取得特許 製品情報 取引ご希望 食品添加物製造 獣医療センター
特許説明 バイオスケガワ研究会 環境除菌 説明会 研究業績案内 社長のページ 年の初めに
福祉活動 連絡先

製造品目解説とご注意

国内に出回っている各社の二酸化塩素製品は、それぞれ安定化二酸化塩素、
純粋二酸化塩素、酸性二酸化塩素と称するも、弊社にて同一条件で
性能評価を行ってみるとそれぞれの製品の効果や安定性がバラバラです。
皆様におかれましては二酸化塩素のお取り扱いを開始される前に、
必ずそれぞれのメーカーを訪ね、代表者に会い、製造現場の確認、
製造ロット製造規格確認、出荷品の規格適合分析表の入手、製品の
濃度分析法、各種除菌・消臭性能をデーターで確認、保存安定性や
SDSなどの確認と指導を受けて下さい。
二酸化塩素は激しい酸化剤であり、取り扱いを誤ると爆発炎上事故が
起こります。
このため類似他社製品との比較や識別の必要性から、弊社の
二酸化塩素全製品にプライドをもつ為、弊社製品を一括して
「助川化学の二酸化塩素®」と呼称し、その次に各種製品を次の通り
細分化いたしております。
・安定化二酸化塩素「BIOTALK®」(ビオトーク)
・活性化二酸化塩素「BIOSUKEGAWA®」(バイオスケガワ)
・超活性化二酸化塩素「ビオスタッフ®」システム
・超消臭剤「バイオスケガワタイガー」
・食品添加物:亜塩素酸ナトリウム液「ススムちゃん」

食品添加物:ススムちゃん専用賦活剤「MF」
・酸性化亜塩素酸ナトリウム液「SUKEBIOTALK®」

 

周辺技術

専用賦活剤開発と併売
  これらの製品群の要となるのが安定化二酸化塩素「BIOTALK®」です。
  弊社は、ユーザー様のより経済性、効果性を求めるご希望に応えて、
 ユーザー様ご自身でこの要の安定化二酸化塩素「BIOTALK®」
  と専用賦活剤の併用により2倍から250倍までのより高い活性、
 超活性性能を引き出すことができます。本賦活剤は
 「助川化学の二酸化塩素®」の専用です。
各種専用賦活剤
「ME」・・・安定化二酸化塩素液は「ME」を添加することで
       活性化二酸化塩素に変わります。 「MH」・・・安定化二酸化塩素「MH」添加→養殖用水除菌化 「MK」・・・安定化二酸化塩素「MK」添加→超活性化二酸化塩素 「SX」・・・超活性化二酸化塩素「SX」添加
       →超活性化性能の活性保持剤 「MF」・・・食品添加物:「ススムちゃん」に専用賦活剤「MF」を添加し、
       さらに超音波照射作業(弊社特許)を重ねることで、
       生食用野菜のより高度な無菌化処理を行うことができます。
その他、多数の賦活剤を開発しております。ご相談ください。
水洗式連続酸化脱臭機
超音波発振装置
連続定量添加装置
その他各種過酸化物製品を販売致しております。
・・・粉末過酸化物(過炭酸ナトリウムPC等)
・・・液体過酸化物(過酸化水素液等)その他
安定化二酸化塩素液「ビオト-ク」が使われるところ
       ご提案・・・・・安定化二酸化塩素液「ビオト-クのご案内
 
    No.1  食品製造ご関係の皆様へ←クリックして下さい
    No.2   養殖ご関係の皆様へ ←クリックして下さい
    No.3   臭気公害や悪臭対策に携わっている皆様へ ←クリックして下さい
    No.4   クリ-ニング・布オシボリ・紙オシボリ専門家の皆様へ ←クリックして下さい
    No.5    超洗浄除菌システム ←写真有 / クリックして下さい
             「Biosukegawa Modern systemⅡ」
       
        No.6 定量添加装置 ← クリックして下さい
No.7 錦鯉「新穴あき病」ワクチンについて ← クリックして下さい。
 
    No. 8 新技術については、特許申請後順次公開致しますので、ご期待下さい。


食品添加物としての新たな展開


二酸化塩素は飲料用水道水に酸化・消毒剤として 添加することが認められました
       (平成12年02月23日官報号外・・・同年04月01日施行)
その後、水道水質に関する基準の制定についての一部改正が行われ、現在はひとの水道水に加える二酸化塩素と亜塩素酸イオンを同格とし、
どちらも添加濃度が0.6mg/L以下、とされました。			  
更に、塩素消毒に関する規定は従来通りであることから浄水処理過程において二酸化塩素を用いて酸化及び消毒等を行った場合においても、
最終的に塩素消毒を行う必要があります。                     (平成12年9月11日)


新製品紹介


1.酸性化亜塩素酸ナトリウム液

「SUKEBIOTALK/スケビオトーク(登録商標)


sukebiotalk

                                製品ラベル
    
    2006. 10. 01
    養鶏・畜産等食品製造の皆様
    食品添加物ご関係の皆様
    
    「酸性化亜塩素酸ナトリウム液」新発売について
    
    助川化学株式会社 
    代表取締役社長 助 川  征
    
    つい数年前、鶏肉の日持ちについて日本製より中国製の方が数日ながい、日本では禁止している二酸化塩素が使用されているのではないか・・
  ということが大問題となりました。 
    米国は1995年、その他の多くの国も二酸化塩素を有効成分とする二酸化塩素製剤
 (代表的な製品として安定化二酸化塩素、亜塩素酸ナトリウム、或いは酸性化した亜塩素酸ナトリウムなど)を鶏肉加工用水の殺菌剤として認可しました。
    
    日本は米国等の鶏肉加工時の洗浄工程を承知のうえで「日本の衛生基準に適合するならば」という条件で輸入を認め、
  結果として間接的な承認を行って参りました。			  
  輸入鶏肉からのVRE菌検出、国内でのVRE患者の発生、嫌気性芽胞菌対策、カンピロバクターや
  サルモネラ感染患者の多発などから、弊社も業界に関係する法人とし日本での二酸化塩素製剤の早急な使用認可を願っておりました。
    
    日本政府はこのたび別紙(添付資料)の通り、平成18年8月14日、食肉、魚介類、および果実や野菜類の表面殺菌剤として、酸性化亜塩素酸ナトリウム液の
  食品添加物認可と製品の基準・規格検討のための、まず人への安全性確認作業に入りました。
    
    既に使用認可になっていた「さくらんぼ、ふき、ぶどう、もも」に加え、「卵類、生食用野菜、かんきつ類果皮」(平成7年、衛化第137号認可)、
  「数の子の調味加工品」(平成17年)などの非加熱食品への使用認可に先立ち、政府は十分な安全性調査を済ませており、
  今回の肉類、魚介類等への認可は早いものと推察致します。
    
    弊社は30年の二酸化塩素専門製造会社の経験を生かし、近い将来、認可されるであろう製品を予測、
 「酸性化した酸性化亜塩素酸ナトリウム液」(登録商標 SUKEBIOTALK/スケビオトーク)を試薬として販売開始いたします。
    本製品の製法は(食品添加物)亜塩素酸ナトリウム液「ススムちゃん」に食品添加物の有機酸を加えて、
  安定化させた「酸性化亜塩素酸ナトリウム液」です。
    
    使用認可の暁には、先んじて使用開始が出来るよう、早めの研究開始をお奨め致します。 
    試験研究をして頂きますと分かることですが、手羽先や鶏皮など多孔質食品、キャベツなどの撥水性野菜は、強力な除菌力を有する二酸化塩素製剤といえども、
  浸漬、スプレー、バブリングを行っても期待する除菌効果は得られません。 
    
    従って、次のテスト法として弊社が取得した「二酸化塩素剤と超音波照射とを併用した除菌方法」特許(特許№第364972号)の活用をお奨めいたします。 
  
これらのお奨め内容や他剤との除菌力比較データは弊社ホームページ(http://www.sukegawa.co.jp/)にて、詳細な情報を得ることが出来ます本書は「日本養鶏関係者名簿」、「食肉年鑑」(2000年)、日本食品添加物協会会員名簿に記載されている皆様に発信させて頂きました。 お問い合わせをお待ちいたしております。


2.食品添加物 亜塩素酸ナトリウム液

「ススムちゃん」 製造販売開始

 近年、二酸化塩素の親類筋にあたる亜塩素酸ナトリウム(NaClO2)液が、食品添加物として使用できる枠を拡大し始めました。
 従来は「さくらんぼ、ふき、ぶどう、もも」だけでしたが、ここにきて「生食用野菜類、卵類(卵殻の部分に限る)、
かずのこ加工品(干しかずのこ及び冷凍かずのこを除く)、かんきつ類果皮(菓子製造に用いるものに限る)」など、 非加熱食品の殺菌用途が加わりました。			
  弊社は次世代への先駆けとなるべく、食品添加物製造所と製造製品の認可を申請、
 平成18年7月12日、神戸市保健所から製造業としての正式認可を受けることができました。			  
 食品衛生法の枠内ですが、これまで培ってきた二酸化塩素の周辺技術、即ち「二酸化塩素剤と超音波照射を併用した除菌方法(特許 第3649672号)」			  や「二酸化塩素濃度測定キット」などの技術を駆使して、安心・安全にして、経済的、効率的な新しいサービスや営業戦略をご提供出来るものと考えます。			  			  詳しくは「食品添加物」のページをご参照ください。
 

3.超活性化二酸化塩素液

(製品名 ビオスタッフ)  BIOSTAFF®

平成17年5月、日本防菌防黴学会にて超活性化二酸化塩素の開発成功を発表致しました。 芽胞化した枯草菌(Bacillus subtilis)を
超活性化二酸化塩素液「ビオスタッフ」を用い1ppm/1分間(又は32ppm)で殺滅する能力(MBC値として)を引き出した研究報告です。
この世界をよくご存知の方からは、安定化二酸化塩素の応用研究として、世界初の驚異的なデータであり、高い評価を頂けるはずです。
ここに、そのデータを添え初めてご紹介を致します。
       

           薬     剤

 Bacillus subtilis IFO3134 (芽胞形成菌)

     最小致死濃度 (ppm) 

ポピドンヨード液  250 (以上)
次亜塩素酸ナトリウム    250
安定化二酸化塩素液「ビオト-ク」    250
亜塩素酸ナトリウム液「ススムちゃん」    250
亜塩素酸ナトリウム液「ススムちゃん」+「MF」    125
過酸化水素    125
活性化二酸化塩素液 「バイオスケガワNo.1000」    125
酸性化亜塩素酸ナトリウム液「スケビオトーク」    125
過酢酸混液     64
超活性化二酸化塩素液①ビオスタッフ     32
超活性化二酸化塩素液② ビオスタッフ+特殊界面活性剤       1
                                     (助川化学株式会社 中央研究所試験)
       
                                 (注)MBC(minimum bactericidal concentration)
       
                                   実験条件については弊社までお問い合わせ下さい。
       

4.活性化二酸化塩素液

製品名 バイオスケガワ) BIOSUKGAWA®

 
         食品製造工場での環境浄化     ひとの居住環境やペット環境の除菌・消臭・清拭に好評! 
         一液式でありながら二酸化塩素をガスとして飛ばさない工夫を行いつつ、さらに活性化させた新製品です。
         従来の安定化二酸化塩素(ビオトーク)の10~100倍の除菌力(弊社比較)があります。無臭で水中安定性が長いため、
         芽胞菌は125ppm/30分/25℃、一般細菌とカビは50ppm/10分以下で除菌できます。(助川化学株式会社 中央研究所 試験)

5. 水洗式酸化脱臭機 

製品名 レオスケガワ LEOSUKEGAWA システム 

●生ごみ処理機(50kg級)などの連続局所脱臭装置として好評!
●二液式安定化二酸化塩素液利用用途別設計受けます。
  例) アンモニア800ppmから0.5ppmに減少させます。
     (m3/分、30℃、湿度85%、水洗水温26℃)

 

 

 

6. 活性化二酸化塩素の活用による
   超洗浄除菌システム
   「Biosukegawa Modern systemⅡ」

(研究報告 学会発表)

● 日本国の衛生基準は、食品の群類別に、食品1g当たり、一般細菌が1,000個以下、10,000個以下、100,000個以下であるよう規制(昭41、厚生省通牒ー環食 No5187)
    されています。(牛乳、加熱後摂取冷凍食品は例外)大腸菌群、サルモネラ属菌、黄色ブドウ球菌,糞便性大腸菌、
    病原性大腸菌は陰性(一個もあってはいけません)であることが義務付けられております。一般細菌は規制以内、大腸菌群等は検出されてはならず、
    これを超える食材は販売してはいけません。これら細菌群のうち、栄養型細菌であるサルモネラ属菌等の食中毒菌の完全除菌は研究室での試験では
    除去が容易なのです。
      しかし、一般細菌、特に次亜塩素酸ソーダ洗浄をくぐりぬけた一般細菌は、芽胞を形成しているものが大部分であり、耐熱性菌であることが多く、
    芽胞菌や芽胞を形成する菌の除去は至難の業でした。 
    我社にとって、芽胞が除去できたら、その他の食中毒菌や、カビ類(真菌類)の排除は、
    本当に容易なことなのです。芽胞菌とは固い殻に閉じこもり、熱に強い菌が多いのです。芽胞菌のうち、好気性菌類ではバチルス属、
    嫌気性菌類ではクロストリジウム属に大別されます。 前者は、糸引きや強烈な異臭発生問題を起こしたり、大量返品を招いたり、
    食中毒事件で有名になった病原性(セレウス菌)などが含まれます。 後者は、破傷風菌、ガス壊疸菌、ボツリヌス菌、ウェルシュ菌などがこれに属し、
    実は最も恐ろしい菌群なのです。 
   
       我社の研究陣は鶏皮やきゅうりから、我国で最も大量の食中毒事件を起しているサルモネラ属菌を見つけ出してはおりましたが、
       多孔質食材のため(孔にひそんでいるため)洗浄除菌が期待とおりに出来ず、悩んでおりました。  オゾンも強酸性水も温湯漬けも駄目でした。  我社はこの難解にして、恐ろしい一般細菌の洗浄除菌法に長年取り組み、活性化二酸化塩素と超音波照射を組み合わせる方式でよい結果が得られ、特許取得をしましたので、ご報告申し上げます。
   
       いくら、ちりめん、うに等の軟弱食材や、いか、たこ、甲殻類等も被洗物を損壊  せずに超洗浄除菌が出来るようになりました。
       実験した除菌データ類は、順次行っている講習会で公表いたします。 但し、現在の食品衛生法では、安定化二酸化塩素液「ビオトーク」、
       活性化二酸化塩素液「バイオスケガワ」、超活性化二酸化塩素液「ビオスタッフ」とも食品の殺菌剤として利用する事が出来ません。   
       そのために、弊社は食品添加物の製造業申請、並びに、二酸化塩素を主成分とする亜塩素酸ナトリウムの食品添加物製造許可を申請しておりました。
       お蔭様で、2006年7月12日付けにて神戸市保健所より両認可を頂き、直ちに製品  供給の準備に入りました。
       販売代理店様やこれまでの直送先様に 2006年7月20日付けにてご案内書状を発信させて頂きました。    食品衛生法の基準内にて、
       二酸化塩素濃度測定キット使用(洗浄液や出来上がり製品の二酸化塩素濃度測定)や超音波照射を併用した対象食品の殺菌洗浄が出来るようになりました。
       
〈ご注意〉安定化二酸化塩素、活性化二酸化塩素、超活性化二酸化塩素を食品の殺菌用途には使用しないでください。  
          食品に使いたいときは食品添加物「ススムちゃん」をご活用ください(使用できる食品は定められております・・お問い合わせください)。
          「二酸化塩素は良く知っている」とおっしゃる方も多いかと存じます。    
            しかし、「Biosukegawa Modern System Ⅱ(二酸化塩素剤による超音波洗浄)」は歴史が浅く、殆ど知られてはおりません。   
            公開されている弊社特許内容をお調べください。また、工業用水の除菌や、使用済み解凍用水の除菌、腐敗臭、発酵臭、使用済み殺菌剤臭の除去も出来るようになるでしょう。 
            二酸化塩素は汚物を食してくれる珪藻類を馴化させます。排水の生物処理システムに次亜塩素酸ソーダのような悪影響を与えません。
            データがありますのでお問い合わせください。
(ご注意)
       ①ひとの飲料水除菌目的の添加剤としては、従来は塩素イオンだけでした。近年、新たに二酸化塩素が追加認可され、
         また改定も行われておりますので、正しい基準については、それぞれの関係先にお問い合わせください。
         次亜塩素酸ソ-ダそのものを除菌目的で直接飲料水に加えたり、次亜塩素酸ソ-ダだけで除菌された水を飲水として利用してよいとする基準は
         みつかりません。  ご調査ください。いま、ひとの飲料水の塩素消毒技術に新しい問題が発見され、緊急対策が求められてもいます。 
         大量の発症者を出してしまったクリプトスポリジウム感染症の原因虫は、塩素に対し大腸菌の60倍の抵抗性を示し、
         また、あるウイルスは大腸菌の3~10倍の塩素抵抗性があり、肺炎を起こし多数の死者を出しているレジオネラ属菌は10~20倍、
         あるマイコバクテリウム属菌は、60 ~100倍の抵抗性があることが確認されたといわれます (日本防菌防黴学会・佐藤利夫先生)。
          以上から、新たに二酸化塩素を添加し、更に旧来の塩素消毒を行うような法律改正が行われています。
         但し、このバランスをとった難しい添加法は、浄水場などの水道施設以外には実行が難しいですね。 
         人の居住環境、特に浴場温水や噴水等 特許が確定しましたら、正式に事業開始を行う予定です。詳しくはお問い合わせください。
②次亜塩素酸ソ-ダも二酸化塩素も、共に使用対象食品に制限を持つ食品添加物です。用途については使用事前にお調べください(食品添加物公定書)。
③FAO/WHOの評価リストでは二酸化塩素と塩素は、A1です。一方、次亜塩素酸ソ-ダはリストからは外されており、
  WHOは次亜塩素酸ソーダを食品添加物として評価していません。(JAFA・・・FAO/WHOのA1リスト及びA2リスト・・・1985年版)