助川化学株式会社電話: 078-992-1688
FAX: 078-992-1677

英語 英語
会社案内 学会/業界紙等広告 取得特許 製品情報 取引ご希望 食品添加物製造 獣医療センター
特許説明 バイオスケガワ研究会 環境除菌 説明会 研究業績案内 社長のページ 年の初めに
福祉活動 連絡先

説明会



「助川化学の二酸化塩素」取得特許説明  




2007年12月3日

「助川化学の二酸化塩素」販売代理店 様
助川化学株式会社 
代表取締役社長 助川 征


拝啓
歳末ご多忙の折、貴社いよいよご隆盛のこととお喜び申し上げます。
平素は格別のお引き立てをいただき、厚く御礼申し上げます。

さて、本年11月27日付けにて バイオスケガワ研究会主催のオープンセミナー開催(12月20日)のご案内を差し上げております。 演題は、~快適で安全な浴場のために~「二酸化塩素を主成分とする新規殺菌剤組成による浴用水の除菌・殺菌」(平成19年8月3日、特許確定)です。

(特許解説)本セミナーは従来の活性化二酸化塩素液「バイオスケガワ」、或いは安定化二酸化塩素液「ビオトーク」に賦活剤「ME」を併用して活性化させる方式から、より良い超活性化二酸化塩素液「ビオスタッフ」システムへの切り替えをお願いする、重要な情報 を初めて公開するものです。

開催のご案内に書き添えました通り、厚生労働省レジオネラ症研究班が行った全国調査で浴場や温泉の55%が衛生管理不良とされ、全浴場の16.6%からレジオネラ属菌が見つかっております。その後、同省によって『公衆浴場及び旅館業における レジオネラ症発生防止対策』、『循環式浴槽におけるレジオネラ症防止対策マニュアル』などが示されています。ところが、1999年~2006年の東京都調査では2006年になって患者報告数が急増しています。 つい先日(10月23日)には某温泉付きマンションで二酸化塩素発生装置(弊社製品ではなく、弊社はこの件に何ら関与していません)を使用していても、浴用水に使用する給湯水から防止指針の8,900倍ものレジオネラ属菌が見つかったことが大きく 報道されました。二酸化塩素はレジオネラ属菌を殺滅する高い能力をもちますが、装置や使用管理が不適切だと汚染を防除できないことが明らかです。

レジオネラ症は幼児や高齢者、あるいは入院患者、また糖尿病や飲酒や喫煙等の背景をもつ人が罹患しやすく、いったん発症すると死亡率は10~20%で、治療が遅れると致死率60~70%に及ぶたいへんな疾病です。高齢化が進む今日の社会では 集団感染がいつ発生しても不思議ではありません。 これらの事情から、二酸化塩素専業メーカーとして30年余の歴史を誇る助川化学株式会社はその責務を強く感じるものであります。

是非とも当セミナーへのご出席を賜りますようお願い申し上げます。
詳しくはセミナーにてご説明させて頂きます。ご出席頂きました全員の方にデータ類や監督官庁から発信された現行の指針や管理基準等の関係部分のコピーをお渡し致します。
本ビジネスは人の健康にかかわり、汚染を防除する責務は重大です。ご高察、並びにご協力を賜りますようお願い申し上げます。
ご質問は、助川まで、いつでもお問い合わせ下さい。




「二酸化塩素を主成分とする新規殺菌剤組成による浴用水の除菌・殺菌」オープンセミナーのご案内   

  バイオスケガワ研究会
環境衛生専門部会・流通戦略専門部会主催 オープンセミナー
日時:2007年12月20日(木曜) 13:00~17:00
会場:神戸市産業振興センター 904号室 (電話078-360-3200)

                                         

2007年11月27日

演題 ~快適で安全な浴場のために~
「二酸化塩素を主成分とする新規殺菌剤組成による浴用水の除菌・殺菌」
・・・特許取得記念オープンセミナーのご案内・・・

(特許解説)
助川化学株式会社 代表取締役社長 助川 征

浴場や温泉で非常に困った問題を起こしているレジオネラ属菌は現在少なくとも46の種と、70の血清型が知られています。最初の発見は1976年、米国の在郷軍人会の大会で221人が原因不明の肺炎にかかり、治療にもかかわらず34人が死亡しました。発見された細菌は 在郷軍人 (legionnaire) にちなんで Legionella pneumophila と名づけられました。感染は近くの建物の冷却塔から飛散した、エアロゾルに起因していたとされています。

日本では、1996年、新宿の大学病院で新生児3名発症(1名死亡)経路は加湿器。 2000年3月、静岡の複合レジャー施設で23名発症(2名死亡)感染経路は浴場。 2000年、茨城県の公衆浴場で143名発症(3名死亡)、経路は浴槽水。 2002年、宮崎県日向市で295名発症(7名死亡)浴槽水。2002年、鹿児島川内市9名発症(1名死亡)浴槽水など。

レジオネラ症患者数
上記図は東京都健康安全研究センター環境保健部水質研究科がwebサイトに掲載された
「レジオネラ症」患者報告数の推移(1999-2006年)です。
http://idsc.tokyo-eiken.go.jp/legionella/kanja-suii.html

東京都のレジオネラ症患者報告数の増加は昨年特に明らかでした。他の自治体からも患者の報告が続いています。 全国の一斉調査では、「日本の大型浴場31,735施設を抜き打ち調査、その55%が衛生管理不良であり、16.6%からレジオネラ属菌が発見されたと報告した」(03.01.30読売) おそらく、施設の多くでは次亜塩素酸ナトリウムが使われていた筈です。
弊社は2002年より安定化二酸化塩素液「ビオトーク」と賦活剤「ME」を併用する活性化二酸化塩素液での浴用水除菌法を提唱し、多くのお客様にご愛用を頂いて参りました。

さて、弊社のお客様や次亜塩素酸ナトリウムだけを用いている浴場を継続観察した結果、次亜塩素酸ナトリウムは殺菌剤として規定量投与しても、添加量に応じた殺菌効果が発揮されない、または濃度に応じた殺菌力との連動性がないことを発見しました。
水中にアンモニア性窒素などが多く含まれていると次亜塩素酸ナトリウムは結合塩素として消費され、殺菌力が低下してしまいます。つまり、真に有効な遊離塩素がないとき、次亜塩素酸ナトリウムとしては定められた量が浴用水から検出できても、 レジオネラ属菌がうようよ生きている場合が多いことを掴みました。

2002年から本年まで、5年間の継続研究や経過観察の結果、塩素剤による新しい除菌法の開発と上梓に到達いたしました。超活性化二酸化塩素システムとして、これは二酸化塩素を主成分とし、その除菌・殺菌効力を活性化する賦活剤および その励起された状態を持続する活性保持剤の3者を併用する方法です。

3剤を併用するため、薬剤の混合と発生、ミキシングの機能をもった、いわゆる発生装置を用いた方が便利ではありますが、循環式浴槽の某特別養護老人ホームの場合は、安定化二酸化塩素液「ビオトーク」と賦活剤「MK」、活性持続剤「SX」を投げ込みで 一回投与し、賦活剤「MK」だけを毎日一回、浴場利用終了時に追加投与すれば、毎日40人の入浴者があっても、4日間もレジオネラ属菌が増加しなかった結果が得られました。

本邦初の発明であり、特許を取得いたしました(特許登録日2007年8月3日)。 この超活性化二酸化塩素システムは初期投資が安価であり、日常の継続使用にかかわる費用や濃度の自主管理費も安く、中型、小型の公衆浴場や特別養護施設、擁護施設等にも最適な技術といえます。 さらに、この技術は食品加工工場での大型洗浄除菌設備、その他の設備への転用が可能でもあります。

このたびの講習会では、特許取得までの5年間の科学的な研究結果や使用に際しての留意事項、製品販売時のご注意なども含めた事前確認書、並びに関連法規・通達のご紹介や浴場事業者の責任などのお話も申し上げます。

地域住民の健康や衛生を支える公的機関である各地の保健所や市町村保健センターなどの先生方にもご臨席をお願いし、日本国特許となった新しい塩素剤による除菌法へのご指導を頂きたく、ご案内申し上げる次第です。

各地の温泉や浴場の組合様を始め、皆さま年末のご繁多の折ではありますが、来春はまた年初のご多忙が始まりますので、年内に説明会を開催することに致しました。
お渡しいたしますデータ等の書類も膨大になります。ぜひ、この機会に、快適で安全な浴場のための新しい衛生管理法をお知り頂き、弊社との末永い親密なご関係をお持ちいただけましたら幸いです。
「二酸化塩素を主成分とする新規殺菌剤組成による浴用水の除菌・殺菌」 特許取得記念 オープンセミナー(日時・会場は1頁上に記載)をどうぞご活用賜りますよう、心からお願い申し上げます。  以上

担当 助川化学株式会社中央研究所獣医療センター 
獣医師 藤井淑子    (検査担当)
営業部主任 神庭恵子 (営業事務)



神戸市西区室谷2丁目7番10号(神戸ハイテクパーク内)
電話078-992-1688  FAX078-992-1677
http://www.sukegawa.co,jp  E-mail:bio@sukegawa.co.jp



添付資料  
1、 助川化学株式会社 ホームページ(表紙)
2、 日本防菌防黴学会誌「防菌防黴」 毎号掲載広告
3、 芽胞菌Bacillus sabutils(IFO3134)に対する各薬剤のMBC値と実験条件
4、 各種除菌剤の安全性と効果
5、 内閣府食品安全委員会 「二酸化塩素・亜塩素酸の評価書(案)」 2007年10月22日版


特記:今回は会場の都合のより、お申し込み先着順60名様で締め切らせて頂きます。 
次回は新潟と東京地区を予定しています。

   付記

  バイオスケガワ研究会
環境衛生専門部会・流通戦略専門部会主催 オープンセミナー 
日時:2007年12月20日(木曜) 13:00~17:00
会場:神戸市産業振興センター 904号室 (電話078-360-3200)
   

   演題~快適で安全な浴場のために~ 
「二酸化塩素を主成分とする新規殺菌剤組成による浴用水の除菌・殺菌」
・・・特許取得記念オープンセミナーのご案内・・・  

今回のセミナーへのご参加呼びかけは下記の方々です。

兵庫県・大阪府・京都府保健所のご担当先生(京阪神地区)・・・・・・・・・・・・・・・53
兵庫県、並びに京阪神地区の浴場温泉組合様(一部)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・7
温泉・浴場や岩盤浴事業者(一部)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・165
特別養護施設様〈一部〉・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・149
バイオスケガワ研究会会員・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・72
弊社製品関係者(販売代理店様及び、浴場、お絞り事前確認書ご提出者様)・209
浴場等の環境衛生に関して、弊社へのお問い合わせを頂いた方・・・・・・・・・・・・・・6
報道関係様・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2
(合計663)

今回は定員60名ですが、初回のため、或いはその他の理由で当セミナ-へのご参加者は少ないと推察します。そのため多数の方に呼びかけてみました。予想外の参加ご希望者が出た場合には、2回目のオープンセミナー開催企画を急ぎます。







助川化学株式会社代理店様報告会および勉強会 

改定2000年版、新取引念書交換を記念しての全国代理店様への御礼勉強会を
開催いたしました。
引き続き、二酸化塩素をご使用いただくユ-ザ-様への説明会を全国各地で開催
致します

<説明会構成>
弊社からの説明構成は下記の通り大きく7項目に分類されお集まり頂きました、お客様のご事業背景を勘案し、説明会場別に説明重点ポイントを変えての説明になります。

お取引ユ-ザ-様への説明会におきましては、幹部様営業ご担当者様向けの説明とは、異なり、改めて分野を狭めて、現場を意識した話しを加えねばなりません。

新念書交換済みの未受講の商社様及び別記ユ-ザ-様は、予め弊社中央研究所までお申し込み下さい。御地での説明会時に改めてご招待申し上げます。


<日時>
順次移動説明会を開催致しました。 

第1回 平成13年2月23日(金)13:30~17:00 
東京会場(お茶の水スクエア)

第2回 平成13年2月27日(火)13:00~17:00 
神戸会場(神戸産業振興センタ-)
  お礼・・特に神戸会場では定員オ-バ-で十数名の 皆様には、立席で受講頂きましてありがとうございました。消防法の関係で充分な椅子をご用意できず申し訳ございませんでした。

第3回 平成13年3月23日(金)13:00~17:00 
     かごしま空港ホテル (定員100名)
    

     全九州地区の養鶏・食肉・加工・孵化場・種鶏場食卵パッカ-のユ-ザ-様をご招待申し上 げお申込みを受けてから、弊社より参加証を発行ご参加頂きます。
第4回 平成13年4月4日(木)13:00~17:00 

     神戸産業振興センタ- (定員100名) 

     北海道・本州・四国の養鶏場・食肉加工場・孵化場・種鶏場・食卵パッカ-のユ-ザ-様をご招待申し上げ、お申込みを受けてから弊社より参加証を発行、 ご参加頂きます。 

第5回 平成13年7月18日(水)13:00~17:00 済
仙台サンプラザ (定員60名) 

     仙台市宮城野区榴岡5-11-1
TEL(022)257-3303

第6回 札幌・ 第7回 盛岡 講習会のご報告

昨今の畜産情報は、牛・豚・鶏肉とも産地偽装、賞味期限の偽延長、抗生剤使用鶏の無薬表示など耳を覆いたくなる自分本位のニュ-スが飛び込んでまいります。かねてより予想し体感している新時代に入ったなと自覚します。 即ち、治世から乱世時代に、建前本位から内容本位に、自分本位から相手本位の時代に入り、それぞれの仕事も根底に本物志向がないと生き残れなくなりました。 我社は、札幌のすすき野近くに営業サテライトを設けました。仕事場と癒しの住まいを兼ね、全北海道と東北地方北部の営業に使用いたします。 講習会内容は、これまで鹿児島、神戸、東京、仙台、で好評を博した養鶏・養殖除菌とその効果の継続性、二酸化塩素利用超音波洗浄などです。 我社が目指す無薬飼育や安全な除菌剤使用、安全な使用濃度管理、残留濃度管理等は、
これまでに多くの実績と効果が確認されておりますので、今回も必ずや喜ばれる結果が得られるものと確信いたします。

 

第6回 札幌講習会 

平成14年 5月10日(金)12:30~17:30 
 ホテルKKR札幌 (定員40名)

     札幌市中央区北4条西5丁目1番地
TEL 011-231-6711

第7回 盛岡講習会

平成14年5月18日(土)13:00~17:00 
ホテル ルイズ(定員50名)

     盛岡市盛岡駅前通7-15
TEL 019-625-2611 

第8回 鳥栖講習会 

平成14年6月4日(火)12:30~17:00 
     サンメッセ鳥栖

     佐賀県鳥栖市本鳥栖町235-11
     TEL 0942-84-2121

第9回 岡山講習会

平成14年6月7日(金)12:30~17:00 
     ㈱三好野本店、えきまえミヨシノ

     岡山県岡山市駅前町1-3-3
     TEL 086-231-3333 

 

第10回 名古屋講習会ご報告

食品工場環境衛生、畜産・医療環境・養魚等の環境衛生を中心に全国規模
で説明会・講習会を開いて参りました。

日 時 平成14年 9月 4日(水)12:30~17:00
会 場 愛知県産業貿易館 本館
名古屋市中区丸の内3丁目1-6
TEL (052)-231-6351    


<内容>

Ⅰ.食品加工衛生 と超洗浄除菌システム

  「完全な洗浄除菌法」とは活性化二酸化塩素を使用するまったく新しいシステム です。 この方法を「Biosukegawa Modern SystemⅡ」 と命名、特許申請を行いました。
説明会では、この新しく発見された洗浄法解説が中心話題となります Ⅱ.病院、特別養護老人ホ-ム、健康ランドの床・浴水の感染症原因菌の除菌と環境衛生 (MRSA,VRE,レジオネラ、結核菌)・・・約2時間

Ⅲ.海水・淡水養殖業の用水除菌による魚病予防・・・約5時間

Ⅳ.錦鯉‘‘新穴あき病''用ワクチン開発研究完成・・・約1時間

Ⅴ.製紙関係、紙おしぼりの防菌・防黴対策   ・・・約4時間

Ⅵ.二酸化塩素残留濃度測定キットの開発と使用法・・約20分

Ⅶ.開発型営業と情報の授受ならびに
取引方法についての考え方
            ・・・約30分

ページの先頭へ