助川化学株式会社電話: 078-992-1688
FAX: 078-992-1677

英語 英語
会社案内 学会/業界紙等広告 取得特許 製品情報 取引ご希望 食品添加物製造 獣医療センター
特許説明 バイオスケガワ研究会 環境除菌 説明会 研究業績案内 社長のページ 年の初めに
福祉活動 連絡先

学会発表

日本防菌防黴学会 第32回年次大会において、弊社元中央研究所副所長 河田茂雄(農学博士)が研究発表を行いました。

日時 平成17年05月25日(水)14:00~16:30(学会は05月24日~25日の2日間です。)場所 大阪府豊中市新千里東町1-4-2 千里ライフサイエンスセンター

発表コーナー

パネルディスカッション「クリーンルーム並びに製造環境の微生物制御」

演題

「二酸化塩素による食品加工工場、並びに医療関連施設・設備の微生物制御」

「目的」

弊社は、二酸化塩素(以下ClO)を製造して約30年、その間、安定化、活性化、超活性化ClO、種々の賦活剤、残留濃度分析用キット等々を提供してきたが、今回は、これら薬剤の用途拡大を主眼として、食品・医療関連施設での環境微生物制御について検討を行った。その結果について以下報告する。

「方法」

付着菌はスタンプ法及び拭き取り法で採取し、培養・検出法は衛生試験法に準拠して測定した。
空中浮遊菌は定置形空中浮遊測定器で捕集し、上述同様の方法で測定した。

「結果・考察」

医療関連施設、食品加工施設合わせ5箇所でのClOの噴霧・散布による消毒の有効性の確認は、処置前後の微生物(一般生菌、大腸菌郡、ブドウ球菌、サルモネラ属菌)の消長を指標としてその有効性を求めた。
その結果、いずれの施設においても付着菌、浮遊菌とも著しく改善されClOによる微生物制御の有効性を確認した。
しかし、食品加工工程で使用されている「まな板」は、ClO及び他の消毒剤でも充分な消毒は困難であった。
この問題を解決するため、弊社が開発した超活性化二酸化塩素と超音波併用(助川化学㈱特許取得済)等により著しく改善され、しかも「まな板」特有の臭気をも消すことに成功した。

発表される研究成果は、弊社中央研究所とバイオスケガワ研究会会員による関連研究データが用いられます。