助川化学株式会社電話: 078-992-1688
FAX: 078-992-1677

英語 英語
会社案内 学会/業界紙等広告 取得特許 製品情報 取引ご希望 食品添加物製造 獣医療センター
特許説明 バイオスケガワ研究会 環境除菌 説明会 研究業績案内 社長のページ 年の初めに
福祉活動 連絡先

                                     2021年7月吉日

「助川化学の二酸化塩素®」製品
販売代理店 様
販売特約店 様

                                助川化学株式会社
                                代表取締役社長 助川  征

        販売代理店様、販売特約店様のPC、携帯電話やタブレットに
        弊社のカタログや技術情報を備えていきませんか

拝啓
盛夏の候、貴社におかれましては、益々ご隆昌のこととお慶び申し上げます。
平素は一方ならぬご愛顧を賜り、衷心より御礼申し上げます。
お陰様で過去10年比、最良の決算を今年も迎えられそうです。

弊社が45年前、日本、中国、韓国等アジア地区において初めて安定化二酸化塩素剤、及び各種賦活剤、専用濃度分析キット等の製造販売を開始いたしました。
今では多くの類似追従者を持つに至っております(会社案内社歴をご参照ください)。

これまで、御社、並びに各営業所様に弊社カタログ・DM等を度々お送りして参りましたが、先日、某営業担当者様から「助川のカタログ、資料、説明書が社内に無い」と苦情を受けました。

「コロナは国民全員が安全になる迄誰も安全ではない(2021/7/9 神戸新聞)」ことから、このコロナ禍は誰もコロナに感染しなくなるまで続くことになりますね。

これまでのような面談セールスは今後、ますます難しくなり、オンラインによる情報交換が主流となり、物流も回収もすべてIT作業化されつつあります。
ペーパーレスの時代に入ってきました。
会社だけでなく、営業担当者ご自身による情報蓄積が必要です。

そこで頭記のアイデアを考えました。

ご提案ですが、ノウハウ保持のため、弊社製品専売権(他社類似の二酸化塩素剤取り扱いがない方)をお持ちの販売代理店様、特約店様の営業ご担当者様が用いるPC、携帯電話、又はタブレットに、弊社から、会社案内、DMをPDFにてまずご送信申し上げたく存じます。
営業活動にご活用ください。

弊社は大量生産販売ではなく、ご利用されるユーザー様の業種別お困り事項支援を中心に、限りない研究と開発を続けて参りました。
現在も新たな研究開発に勤しんでおり、間もなく期待される初めての研究報告が出来そうです。

環境衛生対策剤として、下記の特許や効率的な使用法を、ご要望やご相談により、個別に開示致します。
但し、お客様のお名前、具体的なご相談内容などを前以て教えて頂けることを条件に致します。
 〇 畜産業全般の衛生対策。
 〇 水産業全般の衛生対策。
 〇 おしぼりやウェットワイパーの衛生加工(取得特許の研究報告)。
 〇 食品添加物殺菌料として用途別、効率的な使いかた。
 〇 養殖用水中のミズカビ防除方法(取得特許の研究報告)。
 〇 動物コクシジウムの殺滅法(取得特許の研究報告)。
 〇 温泉や公衆浴場用水のレジオネラ菌殺滅法(取得特許の研究報告)。
 〇 スクーチカ症の治療予防法(取得特許の研究報告)
 〇 非定型エロモナスサルモニシダ大量培養法研究報告。
 〇 二酸化塩素と超音波照射を併用した除菌方法研究報告。
 〇 公立下水処理場、塵埃処理場の無臭化と排水の病原微生物殺滅法。
 〇 畜産動物の戻し堆肥(無臭化)などの事業用専門家向け消臭・脱臭技術
 〇 その他、
 建築物の除藻・除草、防黴、畜産動物の飲水除菌、食肉殺菌、生鮮食品の保存法。

現在、弊社代表取締役社長:助川 征は日本防菌防黴学会の評議員、日本畜産環境学会理事(賛助会員)、認定特定非営利活動法人:コアネット会員です。

日本防菌防黴学会誌には毎号次のようなご案内文言を掲載しています。
「これまで関わってきた微生物において、私たちの製品で制御できない微生物はいまのところ、幸いなことに、未だ発見されていません」。

別紙(←クリックして下さい)にご登録ください。

                                           敬具